介護老人保健施設で働く医師の仕事って?

高齢化の波が押し寄せ、社会的ニーズが増してきている介護事業。
日本には特別養護老人ホームや介護療養型医療施設など、さまざまな介護施設がありますが、介護老人保健施設もその1つであり、医師転職先として注目しておくべき施設となります。

設置主体は医療法人や社会福祉法人。
「老健」と略称で呼ばれることが多く、公的な施設となっており、介護保険も適用されます。

特別養護老人ホームのように長期で入所するための施設ではなく、あくまでもリハビリなどを通じて自宅で生活できるよう支援を行うための施設です。
そのため、医療に関するサービスが充実しており、機能訓練もしっかりと受けることができます。

この施設では、入所者100人あたりに対して、必ず1人の医師を常勤として配置しなければなりません。
また、この医師は施設長という役割も担うことになります。

介護老人保健施設で常勤の医師として働く

仕事内容は、まさに入所者の健康管理と自宅へ戻ることのお手伝い。
看護師や介護福祉士、理学療法士などと連携しながら、また、施設長としてこれらの職員を取りまとめることも重要な仕事内容の1つとなります。

予防注射や薬の処方、各職員への指示やアドバイスも重要な仕事内容となり、チームで動くことになるため、リーダーシップやコミュニケーション能力も求められます。

介護レベルは1~5と幅広い入所者がいるものの、比較的病状や症状が安定している入所者が多いため、慌ただしい環境で働くことはなくなるでしょう。
特に臨床現場から転職する医師にとっては、そのように感じるはずです。
認知症にも対応した施設であることもあり、そうしたメンタル面でのケアもしなければなりません。

やりがいという点で見れば、入所者が無事に自宅で療養できる状態にまで回復した時などに強く感じることでしょう。
また、次から次へと外来患者が来るという形ではなく、しばらくは同じ入所者の顔を見ながら関係性を築いていくため、1人1人の高齢者と寄り添える感覚も得ることができます。

介護老人保健施設で働く医師の収入について

介護老人保健施設で働く医師の平均年収は1,000万円台の前半あたり。
1,500万円程度が平均年収の上限となるでしょう。
この施設は収入の上下の幅が非常に狭いため、1,500万円を超える医師もいるものの、これを大きく上回ることはほとんどありません。

年齢的には50歳以降の医師に人気があり、また、施設側もある程度の経験を持った医師に施設長を任せたいと考える傾向があります。
医師転職先としてはとてもいい選択肢ではありますが、若い医師の需要は、まだあまりないと思っておいてください。