「メディカルドクター」とはどんな仕事?

企業で働く医師の中でも、とりわけ重要な役割を担うのが「メディカルドクター」です。
重要な役割を担っていない医療従事者などいませんが、この仕事は臨床現場とは別のステージで働き、しかし、臨床現場で得た経験と知識を存分に発揮しながら、その結果が臨床へと還元されることを目的としているため、その役割は医療業界への貢献という意味でも非常に大きいと言えるでしょう。

仕事内容をざっくりといえば、新薬を開発しそれを実用化するためのプロセスに携わっていくこととなります。
そのために、臨床現場においてマーケティング調査を行うことも重要な仕事内容の一つ。
治験結果やその実績を評価し、そこからプロトコルを作成しながらさらに研究会の運営などへと繋げ、その新薬が世に流通するまでのさまざまな行程に携わっていきます。
治験から得られた情報を分析したり、公的機関との折り合いもつけていかなければなりません。

臨床での経験はもちろんのこと、高いコミュニケーション能力によって新薬の開発とその促進に携わっていくメディカルドクターは、とてもやりがいのある仕事であると感じられるのではないでしょうか。

「メディカルドクター」として働く

製薬会社勤務医ですから採用はそれぞれの製薬会社の裁量によりますが、臨床経験のある医師の方が優遇され、多くの製薬会社では英語の能力も必須としています。
医師転職の中では、少々ハードルが高めであると言えそうです。

英語力が必須であることはもちろん、上で説明した仕事内容からも、適性を有していなければ製薬会社勤務医とはなれず、メディカルドクターとして活躍することはできません。
そもそも、採用されることもないでしょう。

一般企業での勤務となるため、当直やオンコールとは無縁であり、もちろん、カレンダー通りに休日を獲得することができます。
製薬会社によっては兼務もできますし、企業では一般的な福利厚生、例えば有給休暇なども取得することが可能です。
これも製薬会社によりますが、海外勤務の可能性も出てくるため、このあたりも確認しながら転職先を決めていかなければいけません。

「メディカルドクター」の収入と医師求人事情

医師転職先の中では、製薬会社はとても高い人気を誇っています。
平均年収も1,500万円前後と、決して低くはありません。
この額はあくまでも平均年収。
経験や能力によっては2,000万円程度の年収も非現実的な話ではないですから、その他福利厚生も考慮すればかなりの高待遇となるでしょう。

医師不足の状況から外科医の医師求人を探して転職する事はさほど難しくない時代ではありますが、製薬会社勤務となると話は別。
それなりの経歴と対策が必須となるので、メディカルドクターを目指す際には十分な準備を行うように心がける必要があります。