医師が最初に勤める先は、そのほとんどが医療施設です。
その中でも病院で勤める人が大半でしょう。
それ以外のところに勤める医師免許保持者はほとんどおらず、病院での研修から医師としてのキャリアをスタートさせることになります。

しかし、医師として働いていくと、次第に病院以外で働くという選択肢も出てきます。
診療所やクリニックがその先として選ばれることが多いのですが、企業で働くという選択をする医師も出てくるでしょう。

「産業医」とはどんな仕事?

企業に勤める医師の仕事の一つとして注目しておきたいのが「産業医」です。
これは、ある一定規模の企業(事業場)において設置されることが法律で定められている役職であり、その仕事内容は簡単に言ってしまえば、「従業員の健康を守ること」となっています。

規模が大きくなるということは、そこで働く人の数も多くなります。
働く人の数が多くなると、特に製造業などの場合には健康管理やその意識が散漫となり、従業員の身体に害を及ぼす可能性が高くなってしまいます。
それを防ぐために設置されるのが産業医なのです。

「産業医」として働く

医師免許を持っていることはもちろんですが、そのほかに、労働衛生コンサルタント試験を受けパスしており、且つ保健衛生の区分の試験をクリアしていなければならなかったりなど、この仕事に就くための条件がいくつか設けられていますが、医療現場とは異なる環境に魅力を感じる人も少なくはないでしょう。

病院等では体調を崩したり怪我をした人を診療するのが医師の役割ですが、産業医は健康診断を行うとともに労働環境の改善などを促し、従業員が病気になったり怪我をしたりするのを防ぐという役割も担っています。
予防に携わることができる、これの価値は非常に大きいものがあるのではないでしょうか。

仕事内容の中には、精神的なケアや人間関係に起因した問題などに関しての対処などもあり、医療施設とはまた別のやりがいを感じることもできるはずです。

医師転職先としては、上記のような医療施設との違いから人気となってきている産業医。
また、医師転職サイトでもこの種の求人が非常に多く、需要も決して小さくはありません。
労働安全衛生法によって設置が義務付けられている点も、この需要を支えている要因でしょう。

「産業医」の収入について

平均年収は1,200万円から1,500万円ほど。
極端に高いということはなく、しかし、平均年収は安定しているので、どの企業に勤めても収入的に例えば1,000万円を下回るようなことはほとんどありません。

ある程度臨床で経験を積んだ医師が、この仕事へと転職するケースが多いことも付け加えておきます。
若い医師ではなれないわけではありませんが、医師免許以外の条件もあり、また、メンタルケアを行いながら従業員とのコミュニケーションも図る必要があるとなると、それなりに経験がなければ務まらないことは覚えておきましょう。